幼児教育

幼児の子供におすすめのプログラミングアプリ・学習・教材【文字の読み書きできなくてもOK】 

幼児におすすめのプログラミング

悩んでる人
幼児・未就園児の子供におすすめのプログラミングアプリ・学習・教材はなんだろう?

こういった疑問に答えます。

結論を書きますと、幼児向けおすすめのプログラミングアプリ・学習・教材は下記の2点です。

両方とも文字を使わずに、アイコンを使ってプログラミングを学ぶので、文字がわからない幼児でもプログラミング思考を学べます。

文字が読めないうちでもプログラミング思考を学ばせたいという方におすすめです。

「Code Karts」は簡単なプログラミングが学べるアプリです。

プログラミングの基本から少し難しいことなど幅広く学ばせたい方は「コードクラフターズ( ワンダーボックス )」がいいかなと思います。

そんなわけで、今回は幼児向けおすすめのプログラミング教材について詳しくまとめていきたいと思います。

私の子供は年長と年少なので、その子供たちが遊んだ感想なども書いていきますので参考にしてみてください。

8%オフキャンペーンコード

プログラミングを学ぶのにおすすめの「コードクラフターズ」は ワンダーボックス という通信教育の中のコンテンツです。

「Code Karts」よりも、もっとプログラミング思考を鍛えたい方におすすめです。

ワンダーボックスでは紹介キャンペーン実施中です。

紹介コード「Oqcj744gCkHM」の入力で3700円の約8%OFFで申し込めます。

・12ヶ月一括払いの場合のみ適用
・別のキャンペーンコードとの併用は不可

長期で続けようと思っている方は、紹介コードありで12ヶ月一括払いで申し込むと1番安く申し込めます。

ワンダーボックスの紹介コードの入力方法

紹介コードの入力は支払い情報入力の時に入力欄がありますので、少しでもお得に始めてみたい方は入力してみてください。

紹介コード「Oqcj744gCkHM
\の入力で1ヶ月分の料金が無料/
ワンダーボックスのキャンペーンを見る »
途中解約しても残金は返金されます

【子供のプログラミング学習の基本】プログラムの基本処理とは?

子供にプログラミング学習をさせようと思った時、何を学ばさせればいいのかわからない方も多いと思います。

何を学べばいいのかがわからないと、子供に何をさせていいのかわからないですよね。

そのため、プログラムの基本処理についてまとめましたので、軽く頭に入れておいてください。

プログラムの基本処理は3つあります。

  • 順次処理
  • 分岐処理
  • 反復処理

この3つの処理を組み合わせて、プログラムを作ります。

順次処理

順番にプログラムを実行することをいいます。

上記の画像の例ですと、目的は「コインをすべて取る」ためにはどう進めばいいのか?で、

「右→右→斜め下→斜め上」と進むと全部取れるので、そのようにアイコンを置いています。

分岐処理

条件に当てはまる時にプログラムを実行します。

また、条件に当てはまらない場合の処理を入れることもできます。

  • もし○○なら、××を実行する。
  • もし○○でなければ、▲▲を実行する
  • もし○○なら、××を実行する。○○以外の時▲▲を実行する

こんなかんじで条件に当てはまる・当てはまらないときの処理を実行します。

反復処理

同じことを繰り返し実行します。

幼児の子供におすすめのプログラミングアプリ・学習・教材

幼児のプログラミングではまずは「順次処理」から始めるところが多いです。

1番簡単ですからね。

幼児・未就園児におすすめのプログラミングアプリ・学習・教材は下記の2点です。

両方とも文字を使わずに、アイコンを使ってプログラミングを学ぶので、文字がわからない幼児でもプログラミング思考を学べます。

文字が読めないうちでもプログラミング思考を学ばせたいという方におすすめです。

それぞれ詳しくレポートしていきたいと思います。

ワンダーボックスの中の「コードクラフターズ」

ワンダーボックスのコードクラフターズの感想・内容・評判・口コミ

「コードクラフターズ」は思考力を高める通信教育の「 ワンダーボックス 」の中のコンテンツになります。

2020年4月に始まったばかりの通信教育なので、まだあまり教材内容が出ていないのですが、少し先までの学習内容は下記になります。

  • 順次処理(2020年4月・5月)
  • 回転幾何学模様(2020年6月・7月)

私の子供は ワンダーボックス を受講していて、「コードクラフターズ」をやっていますので、教材内容を紹介したいと思います。

ワンダーボックスのコードクラフターズ

数種類の動き方のアイコンがあり、どのように組み合わせると、やりたいことができるかを考えるって感じの問題です。(うまく説明できずすいません)

例えば「進む」「大きくなる」「弾ける」ていうアイコンがあり、目的は「コインをすべてゲットする」

この3つのアイコンをどうやって組み合わせればコインをすべてゲットできるのか?を考えます。

順番に処理していく「順次処理」の考え方が学べます。

ワンダーボックスのコードクラフターズ

問題レベルも3種類あり、簡単なものから進んでいくので、うちの子供には合っていて楽しそうにやっています。

レベルも記録されていくので、前回の続きからできますし、進めるごとにだんだん難しくなります。

うちの年少の3歳の子供は「ビギナーズクエスト」はできていましたが、「サブマリンクエスト」はよくわかっていないようでした。

年長の6歳の子供は「ビギナーズクエスト」「サブマリンクエスト」ともにできていました。

「サブマリンチャレンジ」は正解があるというよりは、どれだけ点数を上げられるかなので、できるといえばできますが、ランキング上位になるのは難しかったです。

ワンダーボックスのコードクラフターズ

上記の画像は「サブマリンチャレンジ」の問題です。

どのように並べていけば点数を高められるかを考えます。

簡単な組み合わせで動くので、子供はあまり理解していない気もしますが、わからないなりに適当に並べて楽しんでいます。

もう少し大きい子であれば、どうやったら点数をあげられるのか試行錯誤できるかと思います。

試行錯誤することでプログラミング思考を鍛えていくんでしょうね。

この教材はプログラミングのような論理的な考え方が身につきそうな気がします。

ちなみに大人の私もチャレンジしましたが点数を上げるのは難しく、結構頭を使わないとランキング上位にはなれない問題でした。

基礎から少し難しい問題まで
\幼児のプログラミング学習におすすめ/
ワンダーボックスのキャンペーンを見る »
途中解約しても残金は返金されます

プログラミングの順次処理が学べる「Code Karts」

プログラミングアプリのCode Karts

Code Kartsはプログラミングのアプリです。

主に「順次処理」が学べます。

反対にいうと「順次処理」しか学べないので、もっと難しいことを学ばせたいなら、他の教材もやったほうがいいと思います。

無料でも利用できますが10問しかないので、有料版がおすすめです。

有料だと95問問題がありますので、色々な問題にチャレンジすることができます。

有料でも380円なので、そんなに高くないのでいいと思いますよ。

Code Karts - 就学前のプレコーディング

Code Karts - 就学前のプレコーディング

EDOKI ACADEMY無料posted withアプリーチ

Code Kartsのゲーム内容

左横に矢印などのアイコンがあるかと思いますが、それを並べてゴールまで目指すゲームです。

「順次処理」が学べます。

全部で65問あります。

簡単なので、3歳の年少の子供でもできています。

Code Kartsの2台で競い合うゲーム

こちらは2台で競争して、どちらが早くゴールまでいけるかを競います。

1番近道・早くいけるようにアイコンを並べていきます。

こちらも「順次処理」が学べます。全部で30問あります。

これは有料版じゃないとできません。

Code Kartsのコインで自動車変更できる

ゲームを1つクリアするとコインがもらえるのですが、コインを支払えば車を変更したりできます。

色を変更することもできるので、子どもたちは楽しんでやっています。

貯めたコインでプログラミングではない車のレースゲームをすることもできます。

車なので、男の子の子供はすごく楽しそうにやっています。

男の子向きかもしれませんねー

幅広く幼児のプログラミング思考を鍛えたいならワンダーボックスのコードクラフターズがおすすめ!

幼児におすすめのプログラミング

幼児・未就園児におすすめのプログラミングアプリ・学習・教材は下記の2点です。

両方とも文字を使わずに、アイコンを使ってプログラミングを学ぶので、文字がわからない子供でもプログラミング思考を学べます。

文字が読めないうちでもプログラミング思考を学ばせたいという方におすすめです。

「Code Karts」は「順次処理」の基本的なことが学べます。

基本からもう少し難しいプログラミンまで学んでほしい方は「コードクラフターズ( ワンダーボックス )」がおすすめです。。

基礎から少し難しい問題まで
\幼児のプログラミング学習におすすめ/
ワンダーボックスのキャンペーンを見る »
途中解約しても残金は返金されます

8%オフキャンペーンコード

プログラミングを学ぶのにおすすめの「コードクラフターズ」は ワンダーボックス という通信教育の中のコンテンツです。

「Code Karts」よりも、もっとプログラミング思考を鍛えたい方におすすめです。

ワンダーボックスでは紹介キャンペーン実施中です。

紹介コード「Oqcj744gCkHM」の入力で3700円の約8%OFFで申し込めます。

・12ヶ月一括払いの場合のみ適用
・別のキャンペーンコードとの併用は不可

長期で続けようと思っている方は、紹介コードありで12ヶ月一括払いで申し込むと1番安く申し込めます。

ワンダーボックスの紹介コードの入力方法

紹介コードの入力は支払い情報入力の時に入力欄がありますので、少しでもお得に始めてみたい方は入力してみてください。

紹介コード「Oqcj744gCkHM
\の入力で1ヶ月分の料金が無料/
ワンダーボックスのキャンペーンを見る »
途中解約しても残金は返金されます

合わせて読みたい

-幼児教育

Copyright© らいふろぐ , 2020 All Rights Reserved.