メイン

2009年02月22日

初めての確定申告

確定申告に行ってきた。
去年就職する前に、フリーランス契約みたいなのでバイトしていたので、
その分の税金を取り戻すために確定申告に行ってきた。
こんど、個人で確定申告をすることがあった時のために書き留めておこうと思う。

必要だったもの
・印鑑
・支払調書(支払ってくれた会社に頼んで送ってもらう)
・経費がいくらかかったのかというメモ
(領収書は必要じゃなかったので、何がいくらかかったとかいうメモを持っていけばいいと思われる)

・日曜日もやっているのは、確定申告の期間で2回だけ。
・大手町の合同確定申告所みたいなところで、やった。
・私は2時くらいに行って、人はいたけど、長時間並ぶというほどではなかった。
・わからないことは、係りの人にきけば教えてくれるので、どんどん聞けばいいと思う。
・個人事業主は収支内訳書もかかなくてはいけない(そんなにむずかしくない)
・アルバイト、社員の時期の分は、源泉徴収票をもらってくること。
・今回は、アルバイト・社員の時の分は源泉徴収票がなかったから請求しなかったけど、源泉徴収票をもらってから、あとで申告すれば、その分も追加で戻ってくる。(更正の請求・用紙はこちら
・2ヶ月後くらいに振り込まれるらしい。

戻ってくる税金、40,000円ちょっと。
多分、アルバイトの時のとかを申告すれば、プラス15,000円くらいになる。
旅に出た時も、親に頼んで確定申告してもらったが、その時も6万くらい戻ってきたし
いかに税金を払いすぎているかがわかる。
旅行行く人は、絶対に誰かに頼んで確定申告してもらった方がいいと思いますよ!

2008年08月21日

区役所、ハローワーク

区役所へ行き、住民票手続き。
前はいらなかった、大家さんの承諾書が必要だった。
最近は規則が変わったのかな?
ゲストハウスに住む人は、住民票が移せるかちゃんと聞いたほうがいいですね!

そして、ハローワークも行った。
求人をチェックして、印刷。
そして、求職手続きもした。

荷物が届いたので、その整理。
ダンボール3箱分。
ちょうどいいくらいの荷物量だった。

カードの住所変更をネットでやる。
郵便物の転送サービスの手続きもネットでやる。


昨日エントリーした派遣の仕事、他にも応募が4人いて、
3年働いている人が希望していたため、落ちる。
やっぱり、現実は厳しいよねー。。

そして、友達の紹介で、来週から9/3までバイト。
ぜんぜんWebデザインとは関係ないけど。
でも、お金のない私としては、ラッキーという気分だ。

2008年08月18日

今日で実家は最後

派遣会社とメールして、1度伺うことになった。
そのために、履歴書と職歴を作った。
ポートフォリオのまとめを途中までやった。
今まで暇だったんだし、
こういうことはやっておけばよかったなーと思う。

そして、仕事エントリーした派遣会社では、電話で話して
デザイン経験ないからダメと断られた。
現実世界の厳しさを知る


そして、市役所で転出の手続き。
こんかいは、やっかいなこともなく、すぐに手続き終了。
よかったー。


今日で、実家も最後。
もうちょっといてもよかったなーと思う。
2ヶ月くらいだらだらしててもよかったよなー。
東京に行くのが早すぎたかも。

2008年08月01日

携帯電話をゲット!

どうせ保険料、7/17から払わないといけないなら早く加入しようということで、
今日も市役所へ行き、国民保険に入る手続き。
印鑑だけで手続きできた。
1階で手続きした後、3階へ行き、仮の保険証を作ってもらう。
本物の保険証は、すぐにはもらえないらしい。
郵送で、1週間以内に届くらしい。
仮の保険証は紙でペラペラ。保険証らしくない。
保険料の請求書は世帯主宛にくるようになるらしい。


その後、携帯を契約しに行った。
予約していた商品をソフトバンクのお店に取りに行くと、
私が頼んだカラーとは違うものがきていた。
私が欲しいカラーはいつ入荷になるかわからないらしいので、入荷したら連絡くれるように頼んだ。
「ただとも」というプログラムで入るために、親の委任状を持っていったが、委任状はすべて契約者が書かないといけないらしく、これじゃダメだと言われた。
次回からは気をつけよう。

近くに電化製品店があったので、そこに私の欲しい携帯あるかなーと見に行ったところ、あった!
その上、ただともでも委任状いらないらしい。
それは、ちょうどいい!ということで、ここで契約することにした。
パスポートと住民票で手続き。
パスポートに書いてある住所と違うため、住民票が必要なのだ。
パスポートには住所を手書きで書くようになっているが、ちゃんとした住所を書いた方がよい。
私は、住所がわからなくて、適当に書いたら、身分証明書で苦労することになった。
あと、ソフトバンクのお店では、ただともの場合、最初の1ヶ月はダブルホワイトに入らないとだめだと言われたが、電化製品店では、そんなことも言われず、ホワイトプランだけでオッケーだった。
店によって、契約条件?が違うらしい。

2008年07月31日

やっと住民登録

速達で送り、返信用も速達料金切手貼っていたために、午前中に、戸籍と附票が届いた。
早速、市役所で転入の手続き。

今度は、戸籍と附票があったので手続きできた。
持っていた物は
パスポート、戸籍、附票。
印鑑はいらなかった。

保険に入るか、親の扶養に入るのかを聞かれ、
保険料を払いたくない私は、扶養に入るといって、ひとまず帰ってきた。

*注意書き*
保険料は、帰国日の7/17から取られる。
保険料は、日割りはないので、7/17からでも1ヶ月分とられる。
ということは、8/1帰国とかの方が保険料節約になってよかったと思う。
今度海外に行って、帰国する時は、絶対に1日に帰国することにしようと心に誓った。
そして、8月に国民保険の手続きしたとしても、さかのぼって7/17から、保険料を請求される。いつ加入しても損は損ということ。
私は、8月中旬には東京に行く予定。その場合、保険料はどうなるかというと、東京の区役所から請求されるらしい。下関市に払う保険料は、7月の1か月分となる。多分、保険料は、その月の最後の日にいた地区の役所から請求されるのだと思う。


荷物の整理。
中々片付かないけど。
東京に持っていくものを荷造りしないとねー。。

2008年07月29日

戸籍と附票の取り寄せ

面倒くさいと思いつつ、戸籍と戸籍の附票を請求する。
本籍地の市役所に何回も質問の電話をしたりして面倒。
しかも、為替で、定額為替だと1枚につき100円の手数料を取られ、全部で手数料300円取られる。普通の750円分の為替になると、420円手数料取られる。
痛い出費。
そんなの、タダで発行しろよと思う。
ちなみに、下関市役所じゃなければ、パスポートだけで、転入手続きできる。
下関市役所がバカなだけ。


あと、海外で病院に行った分の保険料の請求。
ボリビアで病院行った分は保険料請求書を書いた。
電話をして、住所を聞いて、送った。
メキシコでキャッシュレスで治療を受けた分の、薬代は保険料請求書の紙を書かなくてもオッケーだと言われたので、それらを送る。


帰国して、約2週間。
時がたつのは早い。
2週間も経っているのに、まだ役所手続きもしてないし
携帯も持っていない。。
やることが多すぎる。
実家滞在1ヶ月は短かったかも。
あと、実家にいるとすべてのことが面倒くさくなってしまう。
早く東京に行った方が、生活がちゃんとしていいかも、とか思った。

2008年07月28日

やる気なし

下関市役所へ行き、海外からの転入で手続きしようと思ったら、
戸籍と戸籍の附票がいると言われ、
面倒くさいんだよ!とムカついて、もうこの日やる気なし。
漫画喫茶に行って、5時間漫画を読んだ。

帰りに携帯ショップに寄って、携帯を物色。
欲しい携帯の在庫がなかったので、予約した。
予約したおかげで、何としてでも下関で住民票とらないといけなくなった。。

2008年07月18日

台東区区役所へ

旅出る前の最終住民票を置いていた台東区の区役所に行き、
1ヶ月後には台東区にまた来るけど、
住民票はどこにいれればいいのかを聞いた。
一応、実家の方の市役所へ入れろといわれ、証明書みたいなものをもらった。
自分の実家の市役所に行くときは、パスポートを持っていけといわれた。